loader
bg-category
プロパティを変更し、最終的にドキュメントをMicrosoft Word 2010でマークする

友達と共有します

著者の記事: Kenneth Douglas

ドキュメント情報は、著者名、コメント、タグなどのその他のメタデータなどの詳細を提供するという点で重要です。以前のバージョンのMicrosoft Wordでは、ドキュメント情報は[準備]メニューで利用できましたが、Word 2010はそれを作成しましたより簡単に、今すぐあなたはオフィスのボタンを介してそれらを見つけることができます。

この投稿は2つのトピックをカバーします:

  1. Word 2010のドキュメントプロパティを変更する
  2. 2010年の文書を最終としてマークする

Word 2010のドキュメントプロパティを変更する

ドキュメントのプロパティを編集するには、[Office]ボタンをクリックします。

ダイアログウィンドウの右側の最初の列には、ドキュメントのプロパティが表示されます。クリック ドキュメントのプロパティ ドロップダウンボタンを押し、 [ドキュメントのプロパティを編集]オプション。

ここでは、ドキュメントのプロパティを更新することができます。

2010年の文書を最終としてマークする

今度はこのドキュメントをファイナルとして設定するには、[Office]ボタンをクリックして、[Permissions]オプションが表示されます。 誤った編集オプションを避けるために、最終としてマークしてください。 ドキュメントを最終としてマークすると書き込みオプションが無効になります。これは、ドキュメントが常に読み取り専用モードで開くことを意味します

今度はこの文書を開くたびに、読み取り専用モードになります。必要に応じて、編集を有効にする必要があります。

楽しい!

友達と共有します

あなたのコメント