loader
bg-category
Word文書をSkyDriveに保存する -  Office 2010

友達と共有します

著者の記事: Kenneth Douglas

9月には、まずWindows Live SkyDriveサービスにドキュメントを直接アップロードできるOffice 2010の新機能が明らかになりました。この機能は、MS Word 2010、Excel 2010、およびPowerPoint 2010で使用できます。

Office 2010の最新バージョンには、待っていたSave To SkyDrive機能が含まれています。この機能は、[ファイル]メニューの[共有]タブにあります。便宜上、SkyDriveにWord文書を保存するために必要な手順を示します。

[ファイル]> [共有]に移動し、[SkyDriveに保存]オプションを選択します。

次にサインインをクリックし、Windows Live IDでログインしてください。内部に入ると、SkyDriveアカウントのすべてのフォルダが表示され、新しいフォルダを作成することができます。ここで、ドキュメントを保存するフォルダを選択し、[名前を付けて保存]ボタンをクリックします。

これでサーバに接続し、保存したいフォーマットを選択できる「名前を付けて保存」ダイアログを表示します。保存を押すと、ドキュメントがサーバにアップロードされ始めます。

Office 2010のSkyDriveに保存機能は、MicrosoftがSkyDriveをストレージの中心的な場所に変換するという最終確認です。今後は、SkyDriveの周りにもっと多くの機能が搭載されることが期待されます。

Office 2010に挑戦する前に、Word 2010、Excel 2010、およびPowerPoint 2010の新機能をお読みください。お楽しみください!

友達と共有します

あなたのコメント