loader
bg-category
Word 2010でドキュメントバージョンを構成および管理する

友達と共有します

著者の記事: Kenneth Douglas

Microsoft Wordには、指定した時間間隔後に文書を自動的に保存する自動保存機能が含まれていることがわかります。 Word 2010には、さまざまなバージョンのドキュメントを管理するための追加機能があります。自動保存された異なるバージョンのドキュメントを比較するのは非常に簡単です。異なるバージョンを確認したり、特定のドキュメントの以前に保存したバージョンを削除/復元することもできます。この記事では、以下の2点について議論する予定です。

1. Word 2010で自動保存設定を構成する方法

2. Word 2010でドキュメントバージョンを管理する方法

Word 2010で自動保存の設定を構成する方法

自動保存の設定は、以前のリリースのMicrosoft Wordと比較してWord 2010の別の場所にあります。 オフィス オプションを選択します。

Wordのオプション ダイアログボックスが表示されたら、 左側のメニューから「保存」オプションを選択すると、関連するプロパティが右側のメインウィンドウに表示されます。メインウィンドウでオプションを見つけて選択します 自動リカバリ情報を毎分保存し、 ここでは、文書の自動保存イベントが発生するまでの時間間隔を指定します.

Word 2010でドキュメントバージョンを管理する方法

ドキュメントが自動的に保存されると、使用可能なすべてのバージョンのドキュメントがWord 2010に表示されます。この目的のためには、 オフィス ボタンをクリックすると、利用可能なドキュメントのバージョンが表示されます。 バージョン カテゴリセクション。

それでおしまい。楽しい!

友達と共有します

あなたのコメント