loader
bg-category
Excel 2010:連続していない名前範囲の使用

友達と共有します

著者の記事: Kenneth Douglas

Excelには、選択したセルの名前範囲を作成する方法があります。しかし、時には、互いに隣接するセルを選択するのではなく、非連続的にデータセルを選択することが絶望的に​​必要とされている。 Excelでは、セルを隣接しないで(2つ以上の範囲からなる)選択して、単一の名前範囲を指定することもできます。この現象は複数選択の名前範囲とも呼ばれます。したがって、同じフォーマットを別の場所にあるセルに適用したり、別の場所を使用して数式を適用しようとしている場合は、連続していない選択が役に立ちます。この記事では、名前の範囲を指定するためにセルを複数選択し、データシートにとってどのように効果的になるかを簡単なイラストで説明します。

Excel 2010を起動し、連続していない範囲を選択するデータシートを開きます。たとえば、範囲を選択するデータシートを含めました(隣接するセルには含まれません)。

まず始めに、各コースをから選択する必要があります。 コース フィールド。何人の生徒が同じコースを受講したか、そして同じコースで生徒が得た得点の合計を知りたいのです。

お気づきかもしれませんが、コース名は コース フィールド、それらは互いに隣接していません。そのため、テーブル内のすべてのコース名の出現を選択し、それに適切な名前範囲を指定してそのカテゴリを作成する必要があります。

件名から始めましょう ソフトウェア工学 の中に コース フィールド。複数選択する場合は、キーボードのCtrlキーを押しながらセルの選択を始めます。下のスクリーンショットに示すように、Excelワークシートの左上に名前を入力して、この選択に名前範囲と呼ばれる名前を付けます。名前の範囲を指定しました ソフトウェア 選択のため。

残りの科目についても同じ手順に従って、複数行から選択し、適切な名前を付けます。

名前の範囲を確認するには、 ホーム タブ、クリック 行きます。

それは に行く ダイアログでは、件名とそれに対応するマークの名前範囲を作成しました。名前範囲をチェックしましょう DBMS にとって リレーショナルDBMS コースフィールドの件名クリック OK 続ける。

クリックすると、マーク付きのリレーショナルDBMSの出現箇所が選択されます。

今度は、非連続選択をはるかに生産的な方法で使用したいと思います。下のスクリーンショットに示すように、同じシートに新しいテーブルを作成します。

名前範囲を使用して、セルからデータを取得します。の最初の行 によって勉強 フィールド, このコースを受講した生徒の数を数えます。これにはCOUNT関数を使う必要があります。

下のスクリーンショットでわかるように、列の最初の行に数式を追加しています、C2:C26はCourseフィールドの範囲です。要素を数えている ソフトウェア 名前範囲がカプセル化されます。

それはこのコースを受講した生徒の数を評価します。

今すぐフィールドに適用します。ただし、各コースに選択された名前範囲を変更します。それは何人の学生がコースを勉強したことを示すでしょう。

今度は、特定の科目で生徒が得た点数の合計を評価します。そのために、名前範囲をパラメータとして持つ単純なSUM式を書きます。

件名に対応する名前の範囲を指定して、フィールドに適用します。今度は合計マークを計算します。これのために私達は位置のセル値を掛けます I 2(学生が学習した回数を含む) 各コースが100マークを運ぶように、100と。

今すぐそれを適用します 合計マーク 下のスクリーンショットに示すように、セルの末尾にあるプラス記号をフィールドの下部にドラッグして、

Excel 2010のHLOOKUP機能およびExcelのCOUNTIF機能に関する以前に確認したガイドも確認できます。

友達と共有します

あなたのコメント