loader
bg-category
MS Office 2013へのYouTubeビデオの挿入と埋め込み

友達と共有します

著者の記事: Kenneth Douglas

Office 2003からOffice 2007に移行したときに、私に出てきた唯一の問題は、迷惑な形式の問題でした。私はその当時まだ勉強していて、グループのプロジェクト文書化が問題になったので、それは私にとって疫病でした。 Office 2013では、本当に素晴らしい新機能がいくつか提供されていて、とても興奮していました。私のお気に入りは、MS Wordの「中断した場所からのピックアップ」機能です。 Office 2013では、Word文書とPowerPointプレゼンテーションの両方にオンラインビデオを挿入することも非常に簡単です。改良されたビデオの挿入機能により、YouTubeビデオを埋め込むことができ、アプリケーションを終了することなくYouTubeビデオを検索することもできます。これを実行するためのクイックガイドです。

リボンの[挿入]タブで、ビデオの挿入オプションを見つけることができます。 MS Wordでは、「Online Video」と表示されているところが中心です。 PowerPointでは、[挿入]タブのリボンの最後にある[ビデオ]オプションの矢印をクリックすると、このオプションを見つけることができます。

ビデオオプションをクリックすると、ビデオを挿入するためのオプションの一覧がポップアップ表示されます。 MS Wordでは、アプリケーションを終了せずにBingとYouTubeでビデオを検索できます。また、アップロードしたWebサイトに関係なく、オンライン動画の埋め込みコードがある場合は、[動画埋め込みコードから]オプションを使用して埋め込むことができます。 YouTubeの動画を既に開いている場合は、埋め込みコードを使用してこのオプションと共に挿入できます。

埋め込みコードを使用する場合は、それをクリップボードにコピーして(ビデオホスティングサイトで動画の埋め込みコードが提供されます)、[埋め込みコードをここに貼り付け]フィールドに貼り付けるだけです。ビデオはリンクとしてではなく、クリックして再生できるメディアプレースホルダーとして表示されます。プレースホルダーは、MS Wordでの写真のようにサイズを変更でき、ビデオを再生するにはインターネットに接続している必要があります。

YouTubeビデオを検索して挿入するには、[YouTube]オプションを選択して検索内容を入力します。結果はサムネイル付きでグリッドレイアウトで表示されます。ビデオを選択し、下部にある[挿入]をクリックするだけでビデオがドキュメントに追加されます。再生すると、ビデオはおなじみのYouTubeビデオプレーヤーで再生されます。

PowerPointでは、Liveアカウントにサインインして、FacebookやOneDriveからビデオを挿入することもできます。何らかの理由で、埋め込みオプションとBingビデオの検索ができません。ビデオの挿入オプションは、MS Excelには存在せず、通常必要とされない他のOfficeアプリケーションにはおそらく存在しません。

また、OfficeがMicrosoftのサーバーに接続してさまざまなビデオ挿入オプションを設定する必要があることも言及する価値があります。私は昨日遊んでいたので、1時間しようとしてもサーバーに接続できませんでした。今日、それは数秒で接続しました。この機能はPowerPointでもっと役に立つと思われるが、それがどれほど簡単にできるかが大好きだ。私の日に戻って、私たちはこれを達成するためにフープを飛び越えなければなりませんでした。 Office 2010では、非常に困難でした。

友達と共有します

あなたのコメント