loader
bg-category
Excel 2010:適切な機能

友達と共有します

著者の記事: Kenneth Douglas

スプレッドシートのセルに入力している間に、急いでセルに入力しようとすることがあります。すぐにそれを直すために、Excel 2010は標準化された単語ケースを示す簡単な機能を提供します、すなわち、各単語の最初の文字は大文字にしなければなりません。スルー PROPER あなたが見栄えの良い標準でケースの不規則性を変更することができる機能。

PROPER機能を適用するExcel 2010スプレッドシートを起動します。説明のために、フィールドを含む単純なテーブルを含めました。 そして 通り 下のスクリーンショットに示すように、さまざまな場合の単語を含める。

PROPER関数を使用して、データ値の大文字と小文字の区別を変更します。 そして 通り フィールド。

PROPER関数の構文は次のとおりです。

= PROPER(テキスト)

単一引数のテキストは、直接配置された文字列、またはそれが存在するセルの位置です。まず、2つの新しいフィールドを作成する必要があります。 適切な名前 そして PROPERアドレス

今度はこの関数をフィールドの最初の行に書きます。 適切な名前 として;

= PROPER(B2)

B2は、名前が不規則な場合のセルの場所です。名前を標準化された形式に変更します。

次に、プラス記号を列の末尾に向かってドラッグして適用します。の名前が 適切な名前 フィールドは標準化されたケースになりました。

では、英数字の値を PROPERアドレス 標準化された場合のfieldは、引数としてセルの位置が異なる同じ関数を書くことになります。下のスクリーンショットに示すように、それはアルファベットを正しい形に変えるだけです。

また、以前に確認したExcelの機能を確認することもできます。 ADDRESS、FACT(階乗)、MAX、MIN、MAXA、MINAおよびEXACT、論理関数、INFO、SUMSQ、DOLLAR、SUMPRODUCT、SUMIF、COUNTIF、VLOOKUP、HLOOKUP、PMT、およびLEN。

友達と共有します

あなたのコメント